大切な靴を長く使う!リペアに出して維持しよう!

大切な靴を長く使うためのリペアについてご紹介しています



だからリペアが必要

安い靴をたくさん持っていることが果たしてファッションなのでしょうか。この現代社会には、そのような流れもあることは事実です。しかし、そのような靴に対してもそれぞれの靴に価値観というものを私達は、求めている訳です。ただ、靴がそこにあればいいという気持ちではないはずです。

しかし、靴を安いものをたくさん購入するという意識によって、価値観はどんどん希薄になって行ってしまうものです。それは、あの靴と、この靴とそれほど大差ないからです。しかし、高級な靴を購入する人たちは、この靴一つを信じてその靴を買ったのではないでしょうか。

その価値観こそ、あなたの身体にやがてしみこんでくる価値観であり、あなたをしっかり紳士にしてくれる価値観なのです。イギリスの紳士と言われる人たちはみなさんそのような自覚を持っているのです。

そして、そのような自覚をもたせてくれるものとして、切っても切り離すことが出来ないのが、リペアという認識です。リペアという認識がなければ、やっぱり私達は、おいそれと高い靴を購入するという意識に至らないのです。靴のリペアサービスがあるからこそ、大切な一足を持つことが出来るのでしょう。
靴修理にもベテランの職人たちがおり、そのような人たちとコミュニケーションを持ち世界は、広がっていくのです。

メリットについて

私達には、やっぱり靴って潰れれば買い換えるというモチベーションが存在してしまっているのかもしれません。しかし、そうはいうものの、段々とリペアの認識も高まってきているのも事実です。

靴は履きこむうちに靴が足に段々とフィットしてきて、より履き心地が安定してきます。新しい靴って、やっぱり皮が固いものではありませんか。しかしそのような硬い靴も、履き続けるうちに段々と自分の足に馴染んで来てくれて、長時間歩いたって、全然足の負担にならなかったりするのです。

でも、そのような靴はやっぱり高級な靴を買ってはじめて体験出来ることであり、最初から、千円程度の靴を購入して起こることではありません。そもそも、靴修理を意識するモチベーションとは、靴を買う段階から今までとは全然違う革命をもたらすことだと考えることが出来ます。

高級な靴を買うことが出来るから、ちょっと私達は今までとは違ったレベルの高いファッションを楽しむことが出来ます。みなさんは、そのとき、価格の安い靴をたくさん持っていた方がいいと考えるかもしれません。その意識は、今お話しした考えとは対峙するものです。そのような人たちって、やっぱり時代に簡単に流されている人たちのタイプではないでしょうか。

カリスマ的なお店も

私達には、やっぱり靴って潰れれば買い換えるというモチベーションが存在してしまっているのかもしれません。しかし、そうはいうものの、段々とリペアの認識も高まってきているのも事実です。

靴は履きこむうちに靴が足に段々とフィットしてきて、より履き心地が安定してきます。新しい靴って、やっぱり皮が固いものではありませんか。しかしそのような硬い靴も、履き続けるうちに段々と自分の足に馴染んで来てくれて、長時間歩いたって、全然足の負担にならなかったりするのです。

でも、そのような靴はやっぱり高級な靴を買ってはじめて体験出来ることであり、最初から、千円程度の靴を購入して起こることではありません。そもそも、靴修理を意識するモチベーションとは、靴を買う段階から今までとは全然違う革命をもたらすことだと考えることが出来ます。

高級な靴を買うことが出来るから、ちょっと私達は今までとは違ったレベルの高いファッションを楽しむことが出来ます。みなさんは、そのとき、価格の安い靴をたくさん持っていた方がいいと考えるかもしれません。その意識は、今お話しした考えとは対峙するものです。そのような人たちって、やっぱり時代に簡単に流されている人たちのタイプではないでしょうか。

靴は固定観念・価値観

私達の現代社会では、使い捨ての意識って当たり前に通用するものです。ひょっとしたらみなさんの履いているシューズにもそのような意識ってあるかもしれません。当たり前にシューズは履き潰したら、捨てて次の新しいものを購入するモチベーションが自然とできあがっているのかもしれません。
しかし、シューズこそ、そういうものではなく、昔から高級なものを何度も修理をして長く履き続けるものだったのです。

現代社会から職人というものがどんどん消滅しかかっています。それは合理化を求めている経済では、仕方のないことかもしれません。
しかし、私達人間の本質は、依然職人を求めているものではないでしょうか。みなさんは職人の作った工芸品などに触れて居心地の良さなど感じているはずなのです。シューズというものもそのような種類の一つという考えることは出来ないでしょうか。

大量消費・大量生産の時代が終わったとは言いません。しかし、やがて、そのような時代はスロースピードになり、モノの本質は、もっと追求されて行くはずなのです。それは、安物買いの銭失いの発想でもあります。

シューズを修理するというのも職人なのです。修理しようとする人たちがいるからこそ、シューズを作る職人たちも、よりレベルの高い靴を作ろうというモチベーションも生まれ、新しいデザインも誕生して行くはずです。
現代社会は、簡単に流れる川のようであり、本当に憂鬱に思ってしまう時もあるかもしれませんが、そのようなアイテムこそは、簡単に流れない、固定観念・価値観のたまものです。